スポンサーサイト

Posted by 百合&BL on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生らしい日常と思考回路が懐かしい

Posted by 百合&BL on 21.2010 0 comments 0 trackback
学校ともだち (河出文庫―文芸コレクション)

長野まゆみさん。多くの小説を出している作家さん。
BL匂い系「白昼堂々」「よろず春夏秋冬」。姉妹では「となりの姉妹」
「学校ともだち」「オトモダチ」
どれを読もうか迷った。私は、一人の作家を追いかけて読書、ということは、めったにない。
ならばとなりの姉妹が一番リアリティもありそうだし共感しやすそう、とも思った。
白昼堂々はタイトルが気になったが、のっけからいとこの女性に女装させられた少年が、勘違いした彼氏にキスされる、という展開があったので遠慮しようと思い中断した。

「オトモダチ」はファンタジーな文章が夢はあったけど、詩のようにちょっと夢想的で想像力の乏しい私には、やや分かりにくい気もした。

「学校ともだち」は古い本なのだけれど、面白かった。
小学生の日常を、複数の生徒が担任の先生に学級日記という形でつづる、という新スタイルの物語なのだけれど、
小学生の他愛無い日常が生き生きと描かれており、文章は大人びているけれど、思考回路がまるっきり小学生で、微笑ましく、いっしょうけんめいがんばっているようすに、応援したい気持ちになった。
週番、にわとり小屋のそうじ、夏休みのキャンプ、理科の実験など・・・・・学校行事や、学校生活も、懐かしい。
まるで、担任の先生か、母親になった気分で、和んでしまう。

人に対して腹が立ったり、悲しくなったとき。大人になってからでも、この担任の先生のように、寛容で広い心で、受け入れてくれる人が、いたらどんなに心が楽になるだろう。 先生の暖かい眼差しも、交流も暖かい。

ヤングアダルト、という児童書は、子供向けだな、という教訓めいた展開や文章が行間から感じられると、合わないと思う場合もある。だが、小学生の気持ちを書いた文章は、懐かしく、微笑ましく、タイムスリップした気分になれた。




スポンサーサイト

BL作家の非BL漫画

Posted by 百合&BL on 25.2008 0 comments 0 trackback


麻々原絵里依さんのBL漫画読んだ事あるのですが、絵柄がとてもさっぱりしていて美しく好みでした。
八頭身のモデル体型、キレのある眼差し、背景まで手を抜かないこだわり。アニメのように描画線もすっきりしています。

その方の非BLという事で読みました。イケメンで超個性的な男性専用エスティシャンの店のコメディ。4人の個性的なエスティシャンとオーナーと店長のいる男性専用エステ。深い心理描写ってマンガではありませんが、遠慮しない兄弟みたいな口ゲンカとか、超個性的なキャラが楽しかったです。

全然うやまれてない店長とか。ドSのスパルタエスティシャンで、客をてめえ呼ばわりで愛のムチの指導なのでMな客には好かれるとか。まるでコーチと生徒みたい。一方裏表のあるドSのエスティシャンはハ虫類オタクだったりして。面白いキャラです。※BL要素は0です。

それにしても男キャラばかりです。男性専用エステだから。学園ものなら背景とか街とかで女キャラが通りすがりでも登場したりするけど、一人も出てこない漫画も珍しい。BL作家だからBLファンの女性読者をターゲットにする狙いかな?

バーニッシュ 麻々原絵里依/著 新書館
掲載誌:WINGS

HOME 

category menu

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

free area

月別アーカイブ(タブ)

直感リンクツリーV1.3

FC2カウンター

Mail Form

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ProFILE

リンク先をPOPUP表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 百合&BL 初心者向け All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。