スポンサーサイト

Posted by 百合&BL on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BL~僕の彼氏を紹介します 失笑ラブコメ

Posted by 百合&BL on 11.2011 0 comments 0 trackback
B L ~僕の彼氏を紹介します~ [DVD]
B L ~僕の彼氏を紹介します~ [DVD]

メイキングでは俳優さん達の一生懸命な姿勢が伝わってきてかわいいと思いました。 
草花陽花監督が男性だということを知り驚きました。
GL~小悪魔たちの誘惑【GL】 禁断の恋【BL】 僕らの愛の奏で【BL】 の監督でもあります。視聴済み。
トルネードフィルムはBL、GL、TLをテーマにしたDVDを多く出しているようです。体育館ベイビー、タクミくんシリーズ、BOYS LOVE、GL~小悪魔たちの誘惑もそうです。
どれも最初から期待していない割りには、期待を裏切って、意外と良い所もある映画もありました。
このDVDもレンタルするなら時間があればコメディとして面白おかしくていいです。

ちょっと苦笑いしながら、肩の力を思い切り抜いて気楽に楽しめる 失笑ラブコメディ。お笑いとして
「えぇ~!?おいおい~(笑)」という感じ。
ストーリーがあまりにもお粗末なので、シリアスのつもりがコメディになってしまった、という訳でなく、
最初からコメディとしてのウケを狙っている、という感じです。
登場人物のどちらかの性別を変え男女モノにしても自然じゃなく、男女モノだったら 失笑ラブコメとして違和感なく受け入れられると思います。
GLのDVDパッケージに出てきた女の子二人が登場します。 
ピンクのチープで妖しげな照明がドラマの軽~い雰囲気にぴったりマッチしています。

※BL映画に免疫のある女性でないと、苦手なシーンが多いと思います。Hシーンは直接的なシーンはないですが、長く最終話4分位あります。セリフとか吐息とか、ピンクな雰囲気満点でピンクのチープで妖しい照明にぴったり。しかしやってるフリだけで肌は見せないし直接絡みません。出てくる俳優さんも わりと若くて線の細い人が多いので むさ苦しい感じはあまりなく、見苦しいこともないです。
しかし同性愛映画にありがちなシリアスな暗さは全くないです。むしろ同性愛ということを完全無視です。



夢か現か 変な夢見ちゃっただけなのか 回想のような所が面白いです。

1話め
保健室へカウンセリングへ行ったら イケメンの保健室の先生に性的マッサージをされる男子生徒。
ちなみに彼女あり。相談へ行ったら初対面の生徒に、養護教諭いきなり「恋の悩み?彼女とのセックスはまだなの?」→男子生徒にセクハラマッサージ→戸惑いながらも最後までH→翌朝スッキリ
  という所が矛盾していて面白おかしいです。
主人公の性的指向が矛盾しまくりですが、細かいことは気にしてはいけません。


2話め
ある朝目覚めたら 眼鏡の向こうの男子生徒のみ全員、全裸に見える。全裸眼鏡・・・どこかの少年漫画で見たような気がします。ドラえもんだっけ?


3話め
映画研究会。メイド猫耳女装男子学生とH。女装似合っていてかわいいです。


4話め
バレンタイン。モテモテ男子×モテない男子。モテモテ男子の好きな人は実は・・・・・。

絡みシーンの前にせめて経過説明くらいほしい所ですが、 そもそもコメディなので んなこた知ったこっちゃねぇ!って所がある監督、意味男らしいです。
長い絡みシーンのためにストーリーが薄くなっている という訳でなく 最初からストーリーの必要性がないと思っていらっしゃるようです。 絡みシーンがカットされても おそらく展開は変わらないでしょう。

宣伝文句の通り、「男同士の本物の激しい恋愛」とは言い難い・・・・・・。「ピンク失笑コメディ(男同士版)」という方が近いでしょう。


普段映画で監督については全く気にしていないのですが、草花陽花監督に興味を持ちました。

「僕らの愛の奏で」を観たときには 正直 この監督の映画は二度と観ない という人がいてもおかしくない位 ひどかったと思いました。
「禁断の恋」は 自立心というか心の強さがとても良いと思うセリフがあり。 
「GL」は 女心を可愛らしく描いていて 女の子もとても可愛らしく、監督は女性と勘違いしてしまったくらいです。
今回のこの作品は コメディとして面白可笑しく、回想のような時間の描き方もいいな と思いました。

他の一般作品も、観てみようかと思いました。吹奏楽コメディの「ブラブラバンバン」とか。



スポンサーサイト
Category : ┣BL映画
Tag :BL映画

BL漫画「純情」映画化

Posted by 百合&BL on 17.2011 0 comments 0 trackback
純情 [DVD]
純情 [DVD]

純情 1 (Dariaコミックス)
純情 1 (Dariaコミックス) 

評価 ★★☆☆☆ コメントは最小限です。


原作は未読です。
 原作漫画は、フロンティアワークというBLコミック誌「」Daria」を出版している出版社ですね。
同じ会社の「愛の言霊(紺野けい子さん作)」も映画化されましたね。 

 
 
NHK大河ドラマ「龍馬伝」で沖田総司を演じている栩原楽人と、「花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス」の高橋優太
さんらしいです。
BL映画「体育館ベイビー」にも主役で出ておられましたね。 年経つとやはり年相応な外見に。普通っぽいというか何と言うか。ううーん・・・・・・。ホント役者さんに対し失礼ですみません。 栩原楽人さんは童顔でした。


レビューの高評価が気になります。原作のレビューを読んで、やっと映画のストーリーの枠組みが理解できました。
レビューによると、 高校時代 受が攻を好きだったのをいいことに 偶然再会したその日のうちに肉体関係を持ち
受は一回限りのつもりだったが 攻が受の家を一方的に訪問して 迫る らしいです。 






 





















Category : ┣BL映画
Tag :BL映画

旧ビブロス【現リブレ出版】倒産劇の一部始終

Posted by 百合&BL on 22.2010 0 comments 0 trackback
愛でしか作ってません
愛でしか作ってません

BLへの愛を語りながら、旧ビブロス(現リブレ出版)の倒産劇の一部始終を描いています。
ビブロスは、アニメイトに買収してもらったとか聞いてました。
当時BLの最大手だった歴史あるBL専門出版社なのに、なぜ倒産したのか気になっていました。


いい年の大人が揃いもそろってBLなんぞに黄色い悲鳴をあげ、熱狂しているのは傍目に見ると滑稽(人のこと言えないが)でもある。が、仕事に対して情熱があるのは良いことだし、それでチームワークや信頼関係が保てるなら万々歳である。オタク同士の強い友情があります。いわばチーム男子ならぬ、チーム女子?


BLじゃないけど強い友情なのでBLっぽいと妄想できる、いわゆる匂い系について隠しながらタイトルがかなり出てくるので、面白かった。例えば、Secret =秘密(清水玲子) でっかく手を振って=おおきく振りかぶって など。


コミケ、同人誌、倒産事情などが分かって良かった。出版社も大変らしい。





Category : ┣BL小説

川端康成の何となくピュアな同性愛?体験

Posted by 百合&BL on 24.2010 0 comments 0 trackback
作家の自伝 (15) (シリーズ・人間図書館)
作家の自伝 (15) (シリーズ・人間図書館)


川端康成の日記的な自伝なのだが、「少年」が少年時代の寮の後輩との同性愛のような体験である。
この年下の少年が、「先輩にされるがまま」という感じで、無垢で無邪気で、驚いた。
その少年との関係は、恋愛感情や性的関心というより、愛着が生んだ、行きすぎたスキンシップのようでもある。
不思議な関係だ。暖めあう小動物たちのようにピュアなようでもあり・・・・・・。こんな無邪気な少年がいるのか、こんな関係がありうるのか。
なぜか同級生に宛てたラブレターを作文として教師に提出したそうで、教師からもそのことについて特に注意はされなかったそうで、驚いた。


男子寮で男の先輩に集団でイジメを受ける場面があるのだが、その方がリアルさがある。
とにかくも不思議であった。

川端康成は、百合小説の著作もあるようなので、また読んでみたい。
Category : ┣BL小説

明治・発禁小説 男色と吉原 淡白さに驚愕

Posted by 百合&BL on 24.2010 0 comments 0 trackback
ヰタ・セクスアリス (新潮文庫) 森 鴎外
ヰタ・セクスアリス (新潮文庫)

明治時代の発禁小説。ポルノグラフィーではないが、性欲について書かれていることは確かである。しかし主人公自身は性欲が無いに等しい上、ポルノにありがちな読者向けの官能表現がない。その淡白さがかえって明治の風習の描写に、リアルさを感じさせた。これが発禁処分とはやはり戦前は取締りが厳しかったようだ。

日本語なのだが、文章が難しかったので、明確には理解しないまま読了。

少年の性欲の目覚めを描いた小説。客観的でその淡白さに驚愕した。
少年自身は性欲が無いに等しい(自慰はするようだが)。主人公にとっての性への関心は、性そのものでなく、隠されているもの、未知なものへの純粋な好奇心である。

明治時代は男色が別段珍しくも無く普通のことだったようで驚いた。
未来のエリートが公然と吉原通いをしているのも驚きだ。

本人が他人に対する性欲がなくても、他人の性欲に翻弄されて災難に遭うエピソードが凄い。男の先輩に襲われたり遊女のような感じの女性に襲われたりするエピソードは今なら犯罪である。当時は発禁小説はあっても、性犯罪や売春の取り締まりは緩かったとみえる。

性欲は無くとも、物語の恋愛には憧れ、しかし容姿が劣るから無理だと諦めている様子は、可愛くもあった。

このように異性に関心がなくても、親は見合いさせ結婚させようとする所は現代にも通じる所がある。親・周囲と本人の温度差は、滑稽だった。


将来医学者を志すだけあり、初体験の後、性病感染を心配する所が鴎外らしい。
医学者になる鴎外にとって、わざわざお金払って性病を貰いにいくなどとんでもない事なのだろう。







Category : ┣BL小説
HOME 

category menu

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

free area

月別アーカイブ(タブ)

直感リンクツリーV1.3

FC2カウンター

Mail Form

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ProFILE

リンク先をPOPUP表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 百合&BL 初心者向け All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。