スポンサーサイト

Posted by 百合&BL on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚くほど現代感覚、星新一ショート・ショート

Posted by 百合&BL on 24.2010 0 comments 0 trackback
星新一 ショートショート 1 [DVD]
星新一 ショートショート 1 [DVD] 


こちらは絵本ではないのだが、とても気に入ったので紹介したいと思った。
大正生まれの皆さんご存知、作家、星新一。
ショート・ショートやSFを数多く遺した。
作家さんは大正生まれとは思えぬほど、現代感覚で驚かされる。

奇妙な味の、おとなの童話。
実写、アニメ、毎回異なる制作陣なので、新鮮でそれだけで観ていて楽しい。
ユーモアと新しい発想に富み、奇妙で奇想天外で、ときにリアル現実社会と重なり、ときに残酷。
この乾いたユーモアが個人的に好み。

1巻では、「宣伝の時代」がリアル現実と重なった。人間の条件反射と適応能力、宣伝を皮肉を込めユーモラスに描いたようなお話。宣伝が氾濫していると、適応能力により効果がなくなる、というもの。

ちなみに星新一のショート・ショートでは「未来いそっぷ」が好きだ。イソップ物語を現代感覚でアレンジした物語で、とてもユニークだった。



スポンサーサイト

悪趣味だけど・・・・・社会・人間に似ている?

Posted by 百合&BL on 30.2010 0 comments 0 trackback

この世の終りへの旅
この世の終りへの旅

漫画ですが、文学に近いです。ホラー・グロ・テイスト満載。悪夢の中に社会風刺・人間考察の哲学の見え隠れする、ファンタジー。その斬新な発想に驚きました。もはや私などでは、この奇才の文学作品への解説は手に負えません。めっそうもないです。 私は凡人なので、あとがきを読み、何とか自分を納得させられる感じです。

海賊船の話は、政治を連想させ、私でも理解しやすかったです。 殺人や戦争はいけません、と真面目くさって説教するのでなく、その愚かさ・醜さを風刺している気もする。母の胎内への回帰は、誰もが持つ潜在的な願望なのか? 食人、死骸、殺人、拘束。故意に誰もが吐き気がするほどの、グロテスクな気持ち悪さを感じる印象。生理的に読後感は宜しくない。

あちらこちらで人が殺され貪り食われている それはまるで一人の巨人が自分の身体を傷つけているように見えた           この狂乱に終わりはないのだろう たぶん最後の一人になるまで

最後の1Pをちぎれば、子供騙しの絵本

Posted by 百合&BL on 30.2010 0 comments 0 trackback

花屋の娘
花屋の娘

最後の2ページを破ったら、そのままお子様向けの情操教育絵本に使えます。しかし、最後の最後のページで、やはり西岡兄妹、さすがだ!と期待を裏切りませんでした。 Amazonのレビューをみて、レビュアーとして内省しました。この絵本を読み何を感じるかは、個人の感性にかかっている、らしい。となると、私はひねくれていて感性が貧しく、レビュアー失格かもしれない。

私ならこうレビューを書く。 聞き飽きた大衆受けするラブ・ソング。明日があるさ♪と楽観的なポップ・ミュージック。キレイなものだけ見せられても、虚しいとは思わないのか。うわべだけ着飾り、本音を吐露しないから、その場しのぎの慰めでしかないと、いうことを、観客は虚しく思わないのか。 子供騙しの絵本は、虚しいとは思わないのか。大人向けでも、綺麗事だけの大衆受けするものに、虚しさは感じないのか。

と、全く関連性が無いJ-POPと重ねてこの絵本を社会風刺のように考えてしまったけれど、花屋の娘の人間性にまで考えを及ばすことができなかった。あとがきがなければ、多くを語らない物語に対し、趣旨を読めないのは、感性が貧しいのかもしれない。

小悪魔じゃなくて、変人女

Posted by 百合&BL on 28.2010 0 comments 0 trackback
エミリー・ザ・ストレンジ
エミリー・ザ・ストレンジ

宇多田ヒカル 訳者あとがき
女の子だからって白くてふわふわしたものに弱いとは限らないのよ!
心にスキのある人間なら誰でも気になってしまうエミリーは、私にとって本当の「癒し系」である。まあ、「怪し系」だけどさ。

小悪魔でなく、変わった女の子。小悪魔は、計算しているが、ゴーングマイウェイのエミリーは、個性的なのだ。変わっていても、決して卑屈にならず、堂々とやりたいようにやり、我が道をゆくエミリー。カッコよくって、憧れの女です。なんとなく、ちびまる子ちゃんの野口さんに似ているような気もします。

エミリーのように、やりたい放題で、束縛されずにいられたらいいのにと羨ましいです。

 
エミリーは誰かと同じものなんて欲しがらない。欲しいのは喪失感。エミリーは架空の友達と遊ぶより、架空の敵を作り上げる方が得意。エミリーは変わらない。いつだってストレンジ。

色々な馬鹿大集合・・・・自分はどの馬鹿ですか?

Posted by 百合&BL on 12.2010 0 comments 0 trackback

大人の絵本というには、少し子供っぽいけれど、若干刺激されたので。

色々な馬鹿を皮肉たっぷりに紹介する絵本です。
ソクラテスの名言に、無知の知:自分は何も知らないことを知っている。知らないのに知っていると勘違いしている人よりはマシである。のような言葉がありました。自分の無知を認める心の強さが大事・・・・・一種の開き直りかよ!

馬鹿か否かの判断スケールとは。
IQ、テストの点?   ―それは単に努力や才能の問題だから違うね。
常識、経験?      
変人?子供?

馬鹿図鑑
馬鹿図鑑

 
自分が馬鹿だと認めています。しかし何が馬鹿なのか、指摘してもらわないと気づかないので、そこが馬鹿です。
別に日常生活を送る上では、馬鹿でも困りません。しかし、その馬鹿がブログで世界中に文章を公開するので大変です。

馬鹿だけど、他人を批判するとなると、何故か文章は浮かんでくるのです。自分の馬鹿を隠すために、他を批判したり、難しい言葉を使ってごまかそうと懸命です。防衛機構かも。馬鹿なので、仲間や下を見つけて安心したがります。

馬鹿とは何なのだろうか。馬鹿なりに考えます。馬鹿なのでいくら考えても結論は出ません。

 

 

 





馬鹿は多趣味です。というより趣味だけです。
馬鹿は探究心が旺盛です。まだ見ぬ馬鹿を求めて、また出発です。わーい。

わたしはいったいだあれ?わたしの居場所はどこ?などなど、ちょっとした文学的なテーマを抱え込んでいるノリで楽しんでいる馬鹿。ま、単なるはぐれ馬鹿。

馬鹿はときどき愛したりセックスしたりします。でも馬鹿なので、どうってことありません。
馬鹿はときどき死にたいと言い出します。その理由は下らないので、聞いてもつまらないです。

ダメ出しをすることで、自分の馬鹿を隠そうとする馬鹿。





HOME 

category menu

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

free area

月別アーカイブ(タブ)

直感リンクツリーV1.3

FC2カウンター

Mail Form

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ProFILE

リンク先をPOPUP表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 百合&BL 初心者向け All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。