スポンサーサイト

Posted by 百合&BL on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男装・女装・ユニセックス【2次元限定】特集

Posted by 百合&BL on 20.2010 0 comments 0 trackback
書店で立ち読みしました。イラストが美麗で、紙質も良い本のような雑誌です。百合もBLも好きですが、男装と女装が大好きです。ユニセクシュアルな漫画も好きです。
最近では、オトメン(乙男)とかですね。男装・女装は百合・BLと密接な関係があるのです。ユニセックスは、性転換関係の漫画とも関係ありますが、性同一性障害や、同性愛とはそもそも根本から異なります。ユニセックスは、男女の社会的な差異・ジェンダーフリーと関係があるのではないでしょうか。
61J3KcwXYVL__SS500_.jpg


アニメ・漫画界での男装・女装の歴史も興味深いです。セーラームーンの男装の麗人はるかとみちるのカップルは、その後の百合の歴史に大きな影響を与えたそうですし。ベルサイユの薔薇のオスカル様は宝塚の定番ですね。

男装の麗人との恋というパターンの漫画が大好きです。男装する事で現実と比較せずに済み、つれないキャラでなく、優しく女の子の気持ちも分かってくれるお姫様に紳士な王子様になるのです。女装は・・・・・・・・個人的には、現実感がないので感情移入しかねる感じで、百合っぽく、好きか嫌いかといわれたら中間かな。少年漫画の女装は、なんか男性のハーレム的妄想世界という感じもするので、微妙な感じ。男装も、逆ハーレムというか、男子寮に偽装して潜入ってのは、非現実的な感じがします。

私はアニメ・漫画の異性装よりも、連続ドラマなどで役者さんが男装・女装をしているのを鑑賞するのが好き。
ユニセックスで今一番ホットなのは、オトメン(乙男)でしょうか。これからは、外見上だけの異性装でなく、内面的にもジェンダーフリーの時代ですね♪
スポンサーサイト

近未来ジェンダーSF小説(男女の社会的性差なし、女装への理解)

Posted by 百合&BL on 05.2009 0 comments 0 trackback


カサブランカ帝国 百合小説の誘惑 という百合小説アンソロ本で、新しい扉 /松本侑子を書いていた作家さんの本だったので、百合を期待して読みました。
全く女装ものを読むつもりは無かったのですが、思いがけず女装する男性の心理を知れて、良かったです。
洗脳されやすい私は、女装という言葉そのものに疑問を感じるほど感化されました。

男性がスカートをはき、化粧をし、ロングヘアなら女装と言われるのは、男性差別であるのでは?
女の真似をしたいのでなく、ただその様な服装・ヘアスタイルが好きなだけかもしれない。
仕草や言葉遣いが女性のようだと、オカマっぽいと蔑視されるのも、男性差別。

女装する男性の心情を繊細につづった「女装夢変化」
男女の社会的性差による差別・抑圧をなくしたユニ・セクスアリスな世界を描く近未来ファンタジー小説「初恋」

裕福だが孤独な美しい同級生との憧れの気持ちとひとときの経験を描いた、甘美で哀しい物語「ナツメの実」百合っぽいが百合でない、現実的でシリアスな悲恋系。
ノーマルな女性の健康な性への目覚めと性経験を赤裸々につづった「性遍歴」※特殊なセクリュアリティーや体験がある訳でなく、健全でフツーです。
百合小説アンソロジーに収録された百合「新しい扉」



●女装夢変化
好みは別れるだろうが、私は女装する心理描写がいいと思った。ただし、大半の男性は苦手かもしれない。
女装した自分自身に欲情し、男性としての自意識が揺らぎ、肉体的には同性愛の話だから。
男性が、バレた場合の社会的レッテルを犠牲にしてまで、女装する理由は何だろう?
異性愛者の男性が女性への変身願望・健全な性的欲求(盗みは犯罪だが、女性の下着や制服を集める男性のような)
性同一性障害・ゲイなのだろうか?

男性が子供の頃から男らしくを理由に、様々な抑圧を受けてきたからではないだろうか?
ストレス発散として、違う自分になりたい。それは、明るく奔放な性格なのに、幼い頃から孤独で儀礼ずくめの生活を強いられたマリーアントワネットが、夜な夜な仮面舞踏会でひとときの夢を見たのと、似ている。
鏡の中の女装した自分に欲情したり、異性愛者の男性とセックスをすることで、自分の女性としての価値を確かめようとする、という所は、複雑なんだなぁ・・・としか思えなかったが。
男性への抑圧と固定観念、窮屈な生活が、女装までさせているのかも・・・。

相手に認められる事により、自分の価値を確認したい。一種の道具としての「女」。私も、もしかしたら、女装なのかもしれない、なんて・・・。
●初恋
男女平等と、性差による呪縛をなくすには、まずは服装から。
男子も女子も、見分けがつかない服装をできる自由でおおらかな社会。地味な色のスーツや首を絞めるネクタイは産業革命から始まった、労働者をカイシャの奴隷か、家畜のように縛り付けるための服。
トイレも男女共用(差別と区別は違うし、変態が出没しそうだが・・・。)性別を尋ねる事は無礼だとされ、痴漢でもしない限りは、性別は不明。
性別関係なしに、結婚できるし子供も持てる。好きになった相手が、同性だと怖い?

ジェンダーや、フェミニズム、男女差別について、斬新な設定で描く、素敵な世界観の作品でした!
相手の性別を知らずに、実質男子が男子に想いを寄せ、夜な夜な「白い液を出している」という文も所々にですがあるので、苦手な方もいない訳じゃないとは思いますが・・・・。

これを読めば、講義で、ジェンダーについて即興で感想を書けなんて課題が出ても、余裕で書けるかもしれません。

何だか、自分でジェンダーSF小説を書いてみたくなりました。

●ナツメの実
お嬢様の洗練された雰囲気や、家庭に田舎出身の垢抜けない主人公は憧れる。しかし、彼女は裕福でも孤独な家庭で、友達も少なく、食欲が極端に少ないひとだった。憧れのお嬢様に家に招待されるという光栄に預かり、舞い上がる主人公。一緒にお風呂まで入りかなり百合な雰囲気。しかし、彼女の孤独からくる独占欲、感情の激しさが怖くなった。それを気に病んだ彼女は・・・・とても哀しい結末に。

他の短編なら、男女なら好きでもない相手と性的興味本位だけで関係しそうになったり、25歳で36の男性と結婚して、生涯愛せると思える。なのに、女性同士の関係性は、言い出せなくて、赦せなくて、ついには心を病んで、本当に難しい・・・・対照的でした。





「性遍歴」は最初少女同士でファーストキスするのですが、それ以降の経験が赤裸々すぎて、何だか薄い印象が否めませんでした。
まぁ、レズビアンでない女性で、ある方が不思議なのですが・・・・。








性遍歴       松本侑子 

この作品とは関係ないですが、以下は参考までに。
センス・オブ・ジェンダー賞
http://gender-sf.org/

ドラマ・オトメン(乙男)一話で女装が3人・男装2人☆

Posted by 百合&BL on 13.2009 0 comments 0 trackback


9月12日(土)放映のオトメン第六話「やまとなでしコン!」観ましたか?私、普通のカッコより似合っている女装や、男装の方が好きです。飛鳥ちゃん(男です)などイケメンの剣道着姿がよくみられるおいしいドラマ。剣道着はなんか袴がスカートみたいで微妙に見方によっては女装のようでいいですね(←え)サッカー部や野球部じゃなくてよかったです。


有明くん(瀬戸健史さん)の着物姿、元々可愛らしいお顔なので、とてもお似合いで、可愛かったです。
飛鳥ちゃん(岡田将生さん)と多武峰 一(木村 了)さんの女物の着物姿も観れました!
飛鳥ちゃんの着物姿は元々が綺麗な顔ですから、本当に大和撫子でした!

それで、小針田 雅(桐谷 美玲さん)、都塚 りょう(夏帆さん)の弓道着&ポニーテール姿も、男装のように凛々しくよかったです☆

一話で女装が3人、男装も2人も観れるドラマ!原作では、7巻まで読みましたが、女装シーンがあったのは、橘 充太が少女漫画のサイン会のシーンと有明大和のビーチでの水着姿だけでしたね。なので、これはおそらく女性視聴者向けサービスカットですね。女装は次回予告では、橘 充太(佐野 和真)さんの女装姿もみられそうです。原作漫画では女装ありましたから。でもこの俳優さんは元々が女顔ではないので、似合うかどうかは微妙かも。

オトメンの写真集をもし出してくれるなら、女装半分、男装半分にしてほしい。女装は女顔の人じゃなくて似合ってないと少しきつい。なので、男装半分にしてくれたら、買ってもいいかも。普通の写真集だったらいらない。お菓子づくりする姿でピンクのフリルのエプロンの飛鳥ちゃんとかみたいです。ぬいぐるみを抱くネグリジェ姿の瀬戸くんとか。

あと、あれだけ剣道着が似合うなら、巫女姿も似合いそう。家庭料理が得意なのでかっぽう着姿もみたい。いやセーラー服もナース服も女装パターン全部みてみたい。合成写真作るソフトがあれば、個人で鑑賞する範囲でやってみたい・・・・・。

最終話は、飛鳥ちゃんが純白のウエディングドレスで、都塚さんがタキシード姿の結婚式のカットが入ったりしそうな気がします。まぁ、私は「結婚」とか「プロポーズ」とかいう言葉が少しでも入ると現実に戻される気がするので、そういうのはナシにしといてほしいですね。オトメンでも、飛鳥ちゃんは理想のお嫁さん(?)だけど、プロポーズとか新婚とか子供とかそういう言葉やそれを連想させる場面は、ちらつかせないでほしいです。原作漫画でもドラマでもほんの時々ですが、そういう箇所があります。

 
TVドラマ公式HP
http://wwwz.fujitv.co.jp/otomen/index.html
原作漫画公式HP
http://otomen-club.com/

Category : 男装&女装

男女逆転 吉原遊郭

Posted by 百合&BL on 12.2009 0 comments 0 trackback


映画を観る理由って何ですか?
現実逃避と、普段見れないものを見るっていうのも大きな理由ですよね。
私は役者さんの名前を覚えたいので、邦画の方をよく見ます。

女装姿の男性おいらんが女性客に春を売る、遊郭(=江戸時代の売春宿)設定。
ストーリーは良く言えばせつない純愛ですが、あまり期待はしない方がよいかも。
3人の俳優の女装と、1人の男装が見れます。永井さんの女装はけっこう良かったけど、キレイですが、どこかしら違和感が・・・・・。でも細くて、美人でした。華奢で、色白で、切れ長の目の人は、男女問わず好き。

小谷さんは、歌舞伎メイクのビジュアル系バンドみたいでした。役柄的に悪役で、目が怖くて、視線が完全にイッてました。冷酷な犯人とか、きっとこんな目つきをしているのだろう。でも別の映画で笑った時の目は、優しそうだったんですよ。演技派俳優さんですね。ちょっとファンになりました。
柳下さんの女装は、何ともいえません。
和服って、いわばスカートだから、一種の女装?

女優さんの男装は、少年みたいでとても魅力的でした。失敗がないのは、やはり男装ですね。男装×女装なので、まぁ・・・・・悲恋の中での純愛を演出しましたって様子がありあり。けれど、穏やかで優しく、悪くはないと思います。


夜の遊郭は、薄暗い中ちょうちんの光が妖しくて、別世界みたい。
男装と女装好きには、いいかと。

Category : 男装&女装
Tag :女装 男装
HOME 

category menu

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

free area

月別アーカイブ(タブ)

直感リンクツリーV1.3

FC2カウンター

Mail Form

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ProFILE

リンク先をPOPUP表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 百合&BL 初心者向け All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。