スポンサーサイト

Posted by 百合&BL on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛嬌のある登場人物 百合テイスト

Posted by 百合&BL on 31.2010 0 comments 0 trackback
おめでとう (新潮文庫)
おめでとう (新潮文庫)

 

 

 


短編集で、「タマヨさんのこと」 が百合テイストだと確認しました。それ以外は読みません。
短編集 ハヅキさんのこと でも思ったが、愛嬌のある個性的な登場人物が憎めなくて、好き。
作者の登場人物に対する暖かい眼差しが感じられる。


ずっと音信不通で、十数年ぶりに会うおみやげの笹かまぼこが開封済みで2本しか残って無くても、頓着しない。
義務的に涙を流してみて意固地になったあたし。それを見透かし、「やめていいわよ」というタマヨさん。言われたらすぐ泣きやむあたし。
タマヨさんを疎ましく思いはじめたあたしをお見通しで、別れ話を切り出すタマヨさん。そしてあたしに悪たれ口を吐かせた、それがタマヨさんの親切だった。

まるで漫才のように面白い。
タマヨさんがいくつになろうが、別れた後の再会だろうが、誰と結婚しようが、この二人のコントにも似た空気感は変わりないし、全く気にしない。接吻しようが服を脱がせようが関係ない。

二人とも愛すべきキャラクターである。

タマヨさんが、もうあなたとは二人では会わない、と言ったとき、ほんとはあたしはすでにタマヨさんのことをすこし疎ましく想いはじめていたのだ。それを知っていたのに、知らないふりをして、ただタマヨさんから邪険にされたという姿勢をつくった。それがタマヨさんの親切だった。あたしに悪たれ口をはかせたのが、タマヨさんの親切だった。



 

スポンサーサイト
HOME 

category menu

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

free area

月別アーカイブ(タブ)

直感リンクツリーV1.3

FC2カウンター

Mail Form

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ProFILE

リンク先をPOPUP表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 百合&BL 初心者向け All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。