スポンサーサイト

Posted by 百合&BL on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先進国と発展途上国と、どちらが幸せか

Posted by 百合&BL on 02.2011 0 comments 0 trackback
「絵本カタログ」という大人向け絵本を紹介するガイド本で見つけました。
発展途上国に先進国が技術支援したり、領域に踏み込むことは、彼らにとってありがた迷惑なこともある。
先進国の暮らしは、本当は心が貧しい。
お金があり、モノがあり、映画を楽しみ、よい職業につき、知識・教養があり、教育があり、機械があり、
手に入れようと躍起になり、あれば豊かだとされていること。
それらによって実は苦しめられ、表情は暗くなり、大切な何かを奪われているということを。
職業、都市、機会、時間、etc・・・・・・・価値観が変わりました。


曇りのない目で見たことを 生まれたままの心で語る

しかし、たいていの子どもはたくさんの知識を頭の中につめこみすぎていて、どこにもすきまはなく、光もさしてこない。このことを教育と言い、このようなぎっちり頭のことを教養という。

職業というのは、つまり、ただ走るだけ、ただ食べるだけ、ただ匂いをかぐだけ、ただ戦うだけ、というふうに、ひとつのことしかできないということなのである。



近づくな。ほかの人より豊かになりたいという欲や、意味のないたくさんのことや、やたらにものを作ることや、なんにもならない知識など、そういうガラクタを持って私たちに近づくな。











絵本 パパラギ―はじめて文明を見た南の島の酋長ツイアビが話したこと




スポンサーサイト
HOME 

category menu

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

free area

月別アーカイブ(タブ)

直感リンクツリーV1.3

FC2カウンター

Mail Form

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ProFILE

リンク先をPOPUP表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 百合&BL 初心者向け All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。