スポンサーサイト

Posted by 百合&BL on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小中学生向けコミック誌 りぼんで「百合」

Posted by 百合&BL on 09.2011 0 comments 0 trackback
これは画期的です。小中学生向けマンガ誌「りぼん」でなんと百合マンガ!編集長も百合好き層の取り込みを狙っていたらしいです。
りぼんといえば、百合な日々さんのブログで見ましたが、昔、藤井みほなさんの「秘密の花園」というマンガで、男装の麗人との恋が描かれていたそうですね~。

月島さんの歩への友情としては異常な独占欲、嫉妬心や苦しさが、わかるような気がしました。
それに戸惑う歩の反応も、自然です。「そっちの気があるってウワサだよ」と同性愛をまるで犯人探しをするように、攻撃を露にするクラスメート。そういう所が、百合専門誌にはない、リアリティです。


まぁ 少女漫画に特有の ステレオタイプのトンデモキャラが登場するのは、小中学生向け故でしょうね。主人公にも一部月島さんにも、ステレオタイプな所がありますが。

月島さんが いじらしくて守ってあげたくて かわいらしいです。上目遣いでお願いされるシーンは胸キュンですね~。

どうやら月島さんは小学生の頃 義理の父親の同僚の若い医師に 病院で 強姦されたトラウマがあるようです。
この婉曲描写で小学生読者には理解できるか疑問です。 小学生を病院で強姦する父親の同僚の医師。

独占欲・嫉妬心が理解されない苦しみ、周囲からの同性愛への攻撃、集団で悪口を言う女の醜さ 
そういった負の要素に少し胸が痛みます。
月読さんの自分でコントロールできない独占欲や、歩の戸惑いに共感して安心できる気がしました。
百合専門誌だと、そういった周囲の攻撃が、二人の愛を盛り上げる「障壁」となるだけで、その葛藤は省略されて、すぐに 両想いになってしまったりするので、その心の葛藤を、繊細に描けるのは、 このマンガの醍醐味かもしれません。
独占欲や嫉妬心は 大人になってからも 自分ではコントロールできない年齢不相応な子供っぽいものですよね。
小学生の頃の方がしっかり持っているものだし、表現できていたので、「りぼん」だからこそ その幼稚といわれても仕方ない感情を描けるのかも。

小中学生女子向けコミック誌、りぼんでの、堂々百合連載ということで、挙げてみました。 もっと色々な百合が読める時代の兆しかもしれませんね。

ウザい あの男見るたびにイライラしてた  ジャマなんだもん あんな奴に歩を取られたくない・・・・
あたしだって あたしだって歩が欲しいよ・・・・・!

 ただ純粋にあたしに優しく接してくれたのは 歩だけだったの 嬉しかった・・・・・ 欲が止まらないの・・・・あたし・・・・
他の誰かを思う歩を見るたび壊れそうだった
 ・・・・1人にしないで・・・・・・お願い キライにならないで 歩

居場所なんて みんなにあるものだと思っていた 居場所なんて あの子には初めからなかったのに
居場所のない美鈴をつき離して あたしは全部1人で抱え込ませた こんなに弱くてもろい 一人ぼっちの女の子に

歩はあたしのこと好きだよね!? じゃあもう他の女の子と仲よくしないで!あたしは歩さえいればそれでいい だけど歩はちがうの!? 
気づかないフリをして 心のどこかで感じてた ・・・・あたしは 美鈴が怖い

いい加減にしなよ!あたしだって自分の時間くらい欲しいんだから!いつだって美鈴優先にはできないよ!そういう言い方うんざりする 重いしキツイよ 美鈴って疲れる!

苦しいよね 泣きたいよね


評価 ★★★☆☆

プラス:少女(特に美鈴)の心理描写がリアル、同性愛に対する周囲の反応がリアル 
マイナス:少女マンガにいかにもいそうな典型的なキャラクターが多く、小中学生向けな要素が見受けられたため。










ブルーフレンド 1 (りぼんマスコットコミックス)
ブルーフレンド 1 (りぼんマスコットコミックス)
スポンサーサイト
Category : 広義百合
HOME 

category menu

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

free area

月別アーカイブ(タブ)

直感リンクツリーV1.3

FC2カウンター

Mail Form

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ProFILE

リンク先をPOPUP表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 百合&BL 初心者向け All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。